エステ・デリヘルが呼べる時間帯

風俗エステのプレイを動画でチェック!

エステ・デリヘルが絶対呼べる時間帯

風俗は業種や店によってそれぞれ営業時間が異なります。営業時間の長さもそうですし、何時に開いて何時に閉まるかもちょっとずつ違うんです。

そのため風俗エステはこう、デリヘルはこうと一概には言えません。ただ、どちらもこの時間帯ならどの店でも絶対遊べるという時間帯があります。

まず風俗エステは全体的に朝が早めで夜も遅い、つまり一般男性が起きている時間ならいつでも遊べると言っても過言ではない、広いカバー範囲を誇っています。

一方でデリヘルは、朝はあまり早くなく夜は遅いという昼~深夜型の店が多いようです。そう考えると、風俗エステもデリヘルも確実に呼べる時間帯は昼~深夜1時頃までと言い換えることができます。

エステ・デリヘルは早朝に呼べる?

風俗エステもデリヘルも非常に長い営業時間で、いつでも遊べる安定感はありますが、上で述べたように早朝や朝の時間帯は少し弱いのかな?と感じます。

まず風俗でいう早朝とは、AM6~8時あたりのことです。9時もギリギリ早朝の仲間に入ることがあります。風俗エステでは、9時を早朝に含めるなら早朝でも呼べる店の選択肢が増えます。

一方デリヘルは昼の12時からの営業が多く、早くても10時という店がほとんどなので、早朝遊びには向いていない風俗とも言えます。例外としてデリヘルは24時間営業をしている店があるため、24時間デリヘルを使えば早朝でも遊べることになります。

エステ・デリヘルは深夜に呼べる?

早朝とは反対に、12時を越えた深夜は風俗エステにとってもデリヘルにとっても格好の客のかき入れ時です。店舗型風俗店が風営法により12時までの営業で閉まる中、そこからは風俗で遊びたい人はエステとデリヘルに流れます。

風俗エステは一番遅い時間で深夜5時まで、デリヘルも5時が多いですが頑張っている店は6時くらいまでいけるようです。6時ならもはや早朝ですが、24時間デリヘルよりも更に珍しい存在の店なので、やはり早朝に遊ぶなら風俗エステが確実です。

ただ5時まで可といっても5時は営業を終える時間なので、正確に言えば3時までに予約し最低3時半には遊び始めるくらいの余裕が必要です。

エステ・デリヘルを呼ぶべきゴールデンタイム

ここまで風俗エステとデリヘルの営業時間を見てきましたが、必ずしも開いている時間ならどの時間帯を選んでも同じように満足できるわけではありません。

一番は、昼間に呼ぶことです。昼食前の12時前か、昼食後の15時くらいがベスト。風俗嬢もやる気になっている時間帯ですし、12~14時というお昼時を避けることで風俗嬢も一息ついて頑張ることができるからです。

それと同等に、夜の6時付近や夜の9時以降もゴールデンタイムです。夜シフトの女の子に入れ替わるほか、夜という雰囲気がよりいやらしさを引き立ててくれます。

その中で風俗エステは色々済ませて後は風呂入って寝るだけの夜10時あたりが最高の時間帯です。デリヘルは夜6時あたりに食事の前にひと汗流すか、逆に12時をすぎたあたりにお泊り感覚で呼ぶというのがおすすめです。