性病リスクを考えたらエステ?デリヘル?

デリヘルの性病感染率は高し!


風俗遊びをする上で考慮したいことは、料金価格に女の子のレベルだけではありません。

性病罹患の可能性についても十分配慮をした上で、上手に紳士の嗜み風俗遊びを楽しんでいきたいものです。

さて風俗と言えばデリヘルですが、疲れた男性に人気のエステサービスに主体を置いた風俗エステも人気を博しています。

特に性病に感染する可能性を優先事項にした場合は、風俗エステ利用を強くオススメいたします。

その理由は一目瞭然で、デリヘルは男達のエロマンを大概全て叶えてくれるハードヘルスメニューが自慢であるから。即尺、アナルにスマタ、生でのフェラチオまで、本番以外のプレイなら何でもOKというスタンス(…と言ってももちろん常識的な範囲で)なので至極当然ですね。

一方で風俗エステの場合は、オイル/パウダーマッサージを主体にした揉みほぐし8~9割、ヌキと呼ばれる手コキフィニッシュ1~2割という時間配分で、無駄を一切省いた手コキのみのペニスアプローチなので自ずと性病リスクは減少します。

基本風俗エステで性病感染はなし


風俗エステにおいては、いかに性病リスクが少ないかを分かって頂けたと思います。

お店に来店、または女の子が派遣されたことがある方は一目瞭然ですが、基本的に風俗エステで働く女の子へのタッチはできず、またはオプションを付けて胸へのタッチ、トップレスなどができるようになる程度。

キスがNG!女性器へのダイレクトなタッチもできないとなれば、もはや性病感染源となる粘膜部へのアプローチが無くなるため、デリヘルのようなハードヘルスで蔓延しているカンジダ、ヘルペスに梅毒などの性病を防げるわけですね。

よくキスなどの唾液交換、血液から性病に感染するリスクが言及されますが、例えセラピストの女性の指先があかぎれで血が滲んでいても、その程度では性病は感染しません。

このように風俗エステでは、おまけ程度の手コキが通常メニューになっているので性病リスクは考えなくていいでしょう。

ただし例外としてハードなディープキス、生でのフェラチオ、女性との交渉の末に生で本番違法行為をした場合などは、例外的に性病感染リスクが高まってくる
ので注意してください。

ハイブリッドエステが危ないって本当?

最近デリヘルと同様にハードなヘルス行為ができる、メンズマッサージとデリヘルのいいとこどりをしたハイブリッドエステなる風俗エステが乱立してきました。

これはもはや通常の風俗エステという枠組みを超えたプレイが可能になってくるので、風俗エステの通常オプション、例えばオールヌード、アイマスクなどとは比べものにならないハードプレイがその旨味になっています。

スマタ、洗体プレイに3P、アナルファックから生でのフェラチオに顔面騎乗まで、もはや粘膜 WITH 粘膜が当たり前のプレイになってくるので、性病感染率も高くなるので注意が必要です。

どちらかと言うとメンズエステの要素が影を潜めてしまうようなヘルス重視のプレイなので、知らず知らずの内にクラミジア、カンジダにヘルペスなどの性病に罹患し、気づいたら下半身に違和感を覚える男性は多いようです……。

または彼女、奥様に性病を感染させてしまい、風俗利用がバレてしまった!などという失敗談は多く報告されています。

その為安心安全、そして身バレを考慮した風俗遊びをするならば、ハイブリッドエステを除いた、マッサージプラスαのソフトプレイの代名詞である風俗エステを利用しましょう。

風俗エステのプレイを動画でチェック!