レンタルルームへのエステ・デリヘル呼び方

レンタルルームとは?

新しい出張風俗のスタイルとして、各都市に点在するレンタルルーム人気が高くなっています。レンタルルームとは時間毎に利用できる貸しスペースのことです。レンタルスペースと混同されることがありますが、レンタルルームは多目的で使え、一人のみならず同性、異性を関わらず利用できます。レンタルスペースはよくある会議などで利用されるものです。

ラブホテルとレンタルルームの違いに関してはその設備の簡易さでしょう。ラブホテルはそこそこの大きさのベッド、ジャグジーなどの施設、各々のコンセプトがあるところも多いですが、レンタルルームはどちらかというと簡素、シンプルな設備が特徴です。

レンタルルームの場合はベッドがあるところ、ソファーベッドのみのところにシャワー室は共用というところも少なくありませんが、30分1000円~利用できるそのコスパの良さエステ、デリヘル利用でも支持されています。

最近ではこれは風俗利用を念頭に作られた?と思えるような洗体スペースを完備したところもあるくらいです。その為、レンタルルーム選びを首尾よく行えば、メンズエステ、風俗エステにピッタリのレンタルルームの利用も可能です。

もちろん勉強部屋やビジネス、デートなど多目的に利用できるので、時間と用途を考えれば非常に有益な場になりますし、風俗にいきたい初心者の男性にもおすすめできます。

レンタルルームを使うメリット・デメリット

基本的にレンタルルームへのエステ・デリヘル嬢の呼び方はホテル、自宅への派遣と同じです。レンタルルームだから利用できないということはありません。最近は女性セラピスト、デリヘル嬢もレンタルルームへの派遣が多くなったと現役の声もあります。

ここでそのメリットについて考えていきましょう。まず前述のようにコストを抑えて利用ができること。特にデリヘルの中でも手コキ専門やライトなエステサービスなどには特に重宝するはずです。

ただしデメリットといいますか、レンタルルームはホテルと異なり防音設備が整っていない為、あまりハードなプレイや喘ぎ声を出すと隣近所の利用者から白い目で見られることも少なくありません。

また皆さんの想像以上に狭いこと、これはしばしレンタルルームの風俗利用において問題になります。特にトップ体型の女性が来ると圧迫感のあるプレイを余儀なくされることがあるので要注意です。

そこまで神経質になるほどのデメリットこそありませんが、レンタルルームをイコール簡易版のラブホテルと勘違いすると痛い目にあうこともある、そのことを覚えておきましょう。

風俗嬢はレンタルルームがお嫌い?

まず風俗嬢の目線、価値観の観点からみるとレンタルルームに派遣されることを嫌う傾向があります。

もちろんお金を支払うのは男性客なのでそこまで女性に気を配る必要はありません。しかし女性としては派遣されるのであれば豪華なジャグジー、カラオケに清潔で広いラブホテルをと希望する女性が多いこと。

そのどれもがレンタルルームには当てはまりません。女性からすると「レンタルルームを利用する男性客はケチ」であり、接客にも力が入らないという声もあります。

また様々な利用目的、世代の利用者がいるのでレンタルルームへの出入りに地団駄を踏む女性もいるようです。

特にエステ、デリヘル嬢の中でも五本の指に入るような女性はレンタルルームへの派遣NGという女性も少なくありません。それは高級デリヘル・エステに関しても同様なので、あくまでライトな風俗、そして回転率の早いデリヘル向きの場所と言えるでしょう。

確かにレンタルルームの狭さではアクロバットなプレイは難しくなりますし、リラックスできる環境とはいえませんね。また神経質な風俗、エステ嬢は兎に角聞き耳を立てられることに苛立ちを覚える女性も少なくありません。

また利用する男性客本人も周りの騒ぎ声や来往の多さにプレイに対して集中できないこともあるので、その性質をよく理解した上でレンタルルームへの出張を決めましょう。

風俗エステのプレイを動画でチェック!