シェアハウスへの呼び方と注意点

シェアハウス派遣は難易度高し

メンズマッサージに風俗エステ、今どき流行りの風俗はやっぱり出張派遣タイプが人気です。最近は住居としての選択肢が多用になってきており、レンタルルームや満喫、ルームシェアなど、10年前はマイナーであった場を住居として構え、そこで風俗派遣を楽しむ男性も少なくありません。

さてそこで疑問、今回の大テーマであるシェアハウスへの風俗派遣は可能なのか?ということ。正直に申しますと、非常に難しいのが現状です。お店側がシェアハウス、レンタルルームへの派遣を原則禁止しているところもありますが、シェアハウスの場合は特にレンタルの利用規約が厳格であることが問題です。

つまるところ様々な人種、年代が集まるシェアハウスではトラブル防止の為のルールが厳しく、基本的に風俗の類の利用を禁止しているところが少なくありません。また特別なルールがなくとも、基本風俗嬢、エステ嬢はシェアハウスへの派遣を好みません。

当然のコトながら人の出入りが多く、壁の厚さもペラペラ……。パウダールームに御手洗いを利用していても基本共用のバス&トイレではプライベートを確保できない。このような理由で、接触が多いシェアハウスは基本的にNGという女性は非常に多いのが現状なのです。

記事の続きをよむ⇒

レンタルルームへのエステ・デリヘル呼び方

レンタルルームとは?

新しい出張風俗のスタイルとして、各都市に点在するレンタルルーム人気が高くなっています。レンタルルームとは時間毎に利用できる貸しスペースのことです。レンタルスペースと混同されることがありますが、レンタルルームは多目的で使え、一人のみならず同性、異性を関わらず利用できます。レンタルスペースはよくある会議などで利用されるものです。

ラブホテルとレンタルルームの違いに関してはその設備の簡易さでしょう。ラブホテルはそこそこの大きさのベッド、ジャグジーなどの施設、各々のコンセプトがあるところも多いですが、レンタルルームはどちらかというと簡素、シンプルな設備が特徴です。

レンタルルームの場合はベッドがあるところ、ソファーベッドのみのところにシャワー室は共用というところも少なくありませんが、30分1000円~利用できるそのコスパの良さエステ、デリヘル利用でも支持されています。

最近ではこれは風俗利用を念頭に作られた?と思えるような洗体スペースを完備したところもあるくらいです。その為、レンタルルーム選びを首尾よく行えば、メンズエステ、風俗エステにピッタリのレンタルルームの利用も可能です。

もちろん勉強部屋やビジネス、デートなど多目的に利用できるので、時間と用途を考えれば非常に有益な場になりますし、風俗にいきたい初心者の男性にもおすすめできます。

記事の続きをよむ⇒

風俗エステ・デリヘルを呼ぶ前の準備

エステ・デリヘルでの準備とは?

風俗エステとデリヘルでは、デリヘルのほうが圧倒的に「しておかなければいけない準備」が多いです。これはエステとデリヘルのプレイ内容やできることが違うからです。

そもそも、風俗で遊ぶ前の準備ってどんなことかというと「プレイの準備」「身だしなみ」の二つです。プレイの準備とは、女の子のためのタオルを用意するとか部屋を片付けておくとかそういったもの。身だしなみとは、着替えや歯磨き、シャワーといったものです。

これらは一体何のためにするのかといえば、エステ嬢やデリヘル嬢を不快にさせないためです。

エステとデリヘルを比べると、デリヘルの方がキスやハグ、フェラといった女の子との密着度が高いプレイが多いので、特に身だしなみの方はエステの何倍も気にしておかないといけません。女の子が感じる不快感はサービスの質の低下に直結してしまいます。だって汚い・臭い客に触れたくないですからね。

その面でエステは受け身の風俗であるがゆえに、常識的な清潔さを保っていればそこまで拒否感を示されることはありません。

記事の続きをよむ⇒

ビジネスホテルに呼べるのはエステ?デリヘル?

ビジネスホテルと風俗店の関係性は?

出張や格安旅行で男性がよく利用するビジネスホテル。風俗は店舗以外で遊ぶとき、基本的にラブホテルか自宅、レンタルルームの3択になります。

じゃあビジネスホテルはどうなんでしょうか?泊まっているホテルに呼べたら節約になるし、良いですよね。ここからは、表向きの建前と裏側(リアル)のお話をしていこうと思います。

まず建前では、ビジネスホテルに風俗を呼ぶのはルール違反で禁止されています。それはなぜかというと、風俗行為はダメというホテルもありますが、一番は「シングルの部屋に2人入る」というのが理由のようです。普通は1人で泊まるのに2人用の部屋を予約する人は少ないですからね。

また、2人用を取ったとしても1人しか記名しないのは明らかにおかしいです。要は、真面目に考えればビジネスホテルに人は呼べないし、呼ぶならロビーで話してねというスタンスなのです。

ただ裏側(リアル)では、2人用のツイン部屋を確保して女性を連れ込む分にはOKとしているビジネスホテルもあります。もっと言えば、シングルでもいけるホテルも。正確にはOKではなくグレーゾーンで、見逃してくれてると思った方が良いですけどね。

上手く入り込む風俗嬢もいれば、いやその格好と入り方は怪しいだろう・・・という風俗嬢もいるので、運次第とも言えます。とはいえ、風俗店も止められてまでは強行突破できないので、事前に「Aというホテルなんですけど、来れますか?」と聞いてみるのが安心です。

記事の続きをよむ⇒

風俗エステのプレイを動画でチェック!