ホテルへのエステ・デリヘル呼び方

ホテルで遊ぶときの予約の仕方(エステ・デリヘル共通)

風俗エステもデリヘルも、ホテルで遊ぶときの予約の仕方は同じです。全く難しいことはありませんが、予約前に準備しておいたほうが慌てずスムーズに予約ができるので、初心者さんは手順に沿って準備しておきましょう。予約時に準備することから電話の掛け方、予約の仕方まで。

予約するときに準備しておくこと

自宅でもホテルでも、基本的に電話での予約になります。店によってはHPに予約フォームやスタッフとリアルタイムにチャットができるような機能があり、ネット上で予約を済ませることができるところもありますが、電話のほうが早く確実に予約を取ることができます。

予約の電話を掛ける前に準備しておきたいのが、指名する場合は女の子の名前(できれば2~3人候補を決めておく)、使うホテルの名前名前(本名でなくても可)の3点です。

ホテルに呼ぶ場合、自宅とは異なり2回店と電話をすることになります。と言っても2回目は店側からで、到着予定時間の10分前くらいにホテルの何号室に入ったか尋ねられるだけの電話です。

すぐに来てもらえる場合もあるので、数時間後の予約というわけでなければホテルの近くで予約をしたほうが安心です。

記事の続きをよむ⇒

自宅へのエステ・デリヘル呼び方

自宅で遊ぶときの予約の仕方(エステ・デリヘル共通)

風俗エステもデリヘルも、自宅で遊ぶときの予約の仕方は同じです。全く難しいことはありませんが、予約前に準備しておいたほうが慌てずスムーズに予約ができるので、初心者さんは手順に沿って準備しておきましょう。予約時に準備することから電話の掛け方、予約の仕方までを見ていきましょう。

予約するときに準備しておくこと

派遣型風俗を予約するときは基本的に電話での予約になります。

店によってはHPに予約フォームやスタッフとリアルタイムにチャットができるような機能があり、ネット上で予約を済ませることができるところもありますが、電話のほうが早く確実に予約を取ることができます。

予約の電話を掛ける前に準備しておきたいのが、指名する場合は女の子の名前(できれば2~3人候補を決めておく)、自分の住所名前(本名でなくても可)の3点です。

実際に電話を掛けてからは、スタッフの質問に答えるだけで予約が取れるのであまり緊張しなくても大丈夫。女の子のご希望はありますか?というようなことを尋ねられたら、名前かフリーかどちらか答えます。

その他は聞かれるまま、住所や名前を言っていけばOK。そうすると到着までの予定時間を教えてくれるので、その時間まで待っていましょう。

記事の続きをよむ⇒

エステ・デリヘルが呼べる時間帯

エステ・デリヘルが絶対呼べる時間帯

風俗は業種や店によってそれぞれ営業時間が異なります。営業時間の長さもそうですし、何時に開いて何時に閉まるかもちょっとずつ違うんです。

そのため風俗エステはこう、デリヘルはこうと一概には言えません。ただ、どちらもこの時間帯ならどの店でも絶対遊べるという時間帯があります。

まず風俗エステは全体的に朝が早めで夜も遅い、つまり一般男性が起きている時間ならいつでも遊べると言っても過言ではない、広いカバー範囲を誇っています。

一方でデリヘルは、朝はあまり早くなく夜は遅いという昼~深夜型の店が多いようです。そう考えると、風俗エステもデリヘルも確実に呼べる時間帯は昼~深夜1時頃までと言い換えることができます。

記事の続きをよむ⇒

こんなとき、自宅・ホテルどっちに呼ぶ?

自宅に呼んだ方がいい場合

派遣型の風俗エステやデリヘルは、自宅とホテルどちらにも呼ぶことができます。その中でこう言った場合は「自宅に呼んだ方がいい」というシチュエーションと、自宅を選ぶべき理由をご紹介していきます。

安く風俗で遊びたいなら自宅を使おう

店舗ではない派遣型風俗で気になるところの一つとしては、来てもらうための交通費または遊ぶ場所代ではないでしょうか。

ラブホテルに呼ぶとなると、ラブホテルがある場所的に風俗エリアからは近いので交通費は高くならなくても、2,500~4,000円ほどのホテル代は必ず掛かってきます。

その点自宅は場所的な運が良ければ交通費も無料になる可能性があります。仮に交通費が掛かったとしてもせいぜい1000円程度なので、比較すると断然自宅に呼んだ方がお得と言えます。

面倒臭がりな男は自宅一択!

せっかく風俗嬢に来てもらうんですから、なるべく自分は動きたくないものです。

ホテルをプレイ場所にしてしまうと自宅からホテルまで移動しなければならない他、ラブホテルの受付スタッフに一人で入る旨と後から人が入ってくる旨を伝えなければなりません。また、安い部屋が埋まっていたら出費も増えてしまいます。

ちょこちょことした面倒臭さが全部解消するのが、自宅遊びなのです。

記事の続きをよむ⇒