自宅へのエステ・デリヘル呼び方

風俗エステのプレイを動画でチェック!

自宅で遊ぶときの予約の仕方(エステ・デリヘル共通)

風俗エステもデリヘルも、自宅で遊ぶときの予約の仕方は同じです。全く難しいことはありませんが、予約前に準備しておいたほうが慌てずスムーズに予約ができるので、初心者さんは手順に沿って準備しておきましょう。予約時に準備することから電話の掛け方、予約の仕方までを見ていきましょう。

予約するときに準備しておくこと

派遣型風俗を予約するときは基本的に電話での予約になります。

店によってはHPに予約フォームやスタッフとリアルタイムにチャットができるような機能があり、ネット上で予約を済ませることができるところもありますが、電話のほうが早く確実に予約を取ることができます。

予約の電話を掛ける前に準備しておきたいのが、指名する場合は女の子の名前(できれば2~3人候補を決めておく)、自分の住所名前(本名でなくても可)の3点です。

実際に電話を掛けてからは、スタッフの質問に答えるだけで予約が取れるのであまり緊張しなくても大丈夫。女の子のご希望はありますか?というようなことを尋ねられたら、名前かフリーかどちらか答えます。

その他は聞かれるまま、住所や名前を言っていけばOK。そうすると到着までの予定時間を教えてくれるので、その時間まで待っていましょう。

エステ・デリヘルを自宅へ呼ぶ前に

風俗エステやデリヘルの予約ができたら、次はセラピストやデリヘル嬢が自宅に到着するまでの間の準備です。自分の体、エチケット、清潔感、部屋の掃除は大丈夫?ぼーっと待つかしっかり準備するかで、風俗嬢からの印象や対応もがらりと変わりますよ。

セラピストが来る前に準備すること

風俗エステで予約ができたら、あとは待つだけです。到着までの時間がどれくらいあるかにもよりますが、平均はおよそ30分くらいです。予約の数や指名した女の子の状況によってかなり前後します。

この間ただゆっくり過ごすも良いですが、プレイが気持ちよくスムーズにいくよう、また女の子に好感を持ってもらえるよう準備しておきたいことがあります。

まず、一般的な風俗エステなら女の子が風呂場に入ることはないので良いのですが、洗体エステやオプションで洗体プレイを付けている場合は風呂場を少しでも綺麗にしておきましょう。

また、ベッド周りにごちゃごちゃと物が散乱していると、マッサージをするセラピストの迷惑になります。プレイの妨げにもなるので、一時的にでもどこかに移動させておきましょう。

ちなみにエステ時に使うタオルは、アロマオイルなどが付着する可能性があるため店側が持ってきてくれることがほとんどです。

デリヘル嬢が来る前に準備すること

デリヘルも風俗エステ同様、予約が完了したらあとは待つだけです。到着までの時間もおよそ30分程度と同じで、予約の数や指名した女の子の状況によってもかなり前後します。

デリヘルは風俗エステと比べて接触が多いため、客は清潔感が重要になってきます。体はデリヘル嬢が来てから一緒に洗いますが、その他のエチケット部分は事前に整えておきます。

爪が伸びているなら切るヒゲを剃っておく歯磨きをしておく・・・といった辺りは女の子のモチベーションやプレイの濃厚さに直接影響してくるので面倒臭がらずにやっておきましょう。

また、時間が余ったら部屋の温度にも気を付けておきたいものです。デリヘル嬢を招いたときは、外から入ってきたとき夏は寒すぎないように、冬は熱すぎないように弱めの冷暖房に設定しておくとベストです。

プレイを進めると熱くなってくるので、そう感じたときにまた女の子に尋ねたりして気温調整して下さい。