風俗エステ・デリヘルを呼ぶ前の準備

エステ・デリヘルでの準備とは?

風俗エステとデリヘルでは、デリヘルのほうが圧倒的に「しておかなければいけない準備」が多いです。これはエステとデリヘルのプレイ内容やできることが違うからです。

そもそも、風俗で遊ぶ前の準備ってどんなことかというと「プレイの準備」「身だしなみ」の二つです。プレイの準備とは、女の子のためのタオルを用意するとか部屋を片付けておくとかそういったもの。身だしなみとは、着替えや歯磨き、シャワーといったものです。

これらは一体何のためにするのかといえば、エステ嬢やデリヘル嬢を不快にさせないためです。

エステとデリヘルを比べると、デリヘルの方がキスやハグ、フェラといった女の子との密着度が高いプレイが多いので、特に身だしなみの方はエステの何倍も気にしておかないといけません。女の子が感じる不快感はサービスの質の低下に直結してしまいます。だって汚い・臭い客に触れたくないですからね。

その面でエステは受け身の風俗であるがゆえに、常識的な清潔さを保っていればそこまで拒否感を示されることはありません。

エステ・デリヘルでの準備の違い

客のほうが準備をするって面倒臭い、相手は風俗嬢なんだから適当でイイでしょ。・・・そう思っていると、エステ嬢やデリヘル嬢からいいサービスを受けられなくなってしまいます。

相手を単なる風俗嬢として扱わず女性として扱えば絶対にサービスの質は変わってきます。相手のためではなく自分のため、といっても過言ではありません。

風俗エステでの準備

風俗エステで気を付けたいのは、対面時の部屋の環境と匂いの第一印象です。

部屋の綺麗さは店舗やラブホテル、レンタルルームで遊ぶ場合は関係ありませんが、挨拶をしてふと近づいたときや喋ったときに「身体から変な匂いがする」「口が臭い」と思われたら女の子が一歩引いてしまいます。

キスやハグはありませんがプレイ中の距離は近いので、体臭全般はいつもより気を付けてケアする必要があります。

汗をかきやすい暑い時期は、例え前日の夜にしっかりお風呂に入っていたとしても、直前シャワーをしておくとベスト!それが難しければ制汗シートで全身を拭いて臨みましょう。

その他は、基本的に風俗エステは「抜けるエステ」なので、客はおもてなしされる側。風俗での準備というよりは、人として相手に不快感を与えない準備と考えれば十分でしょう。

デリヘルでの準備

デリヘルで気を付けたい場面はエステよりも多く、対面時に加えシャワーやプレイ中のことも考えて準備しておかなければなりません。

対面時はエステと同様、部屋の様子と身体の匂いに気を付たいところ。デリヘルは舐めのプレイも多いので、ここで体臭や口臭がキツかったら「あまり近づかないでおこう」「キスはあまりしたくないな」と思われてしまいます。

シャワーの後はタオルが必要になる場合アリ。店側で用意していることもありますが、デリヘル嬢が準備している様子がなければ客側が用意しなければなりません。ボディタオルならプレイ前とプレイ後の2枚、バスタオルなら1つでOKです。

タオルも生乾きだとプレイ前からテンションを下げてしまうので、天日干ししたさわやかな香りのタオルを事前に用意しておくよう注意しましょう。

そしてプレイ時のことを考え、部屋の温度を調整しておきます。エステと違い女の子も裸になるので、暑い時期は程よく涼しく、寒い時期は程よく暖かく、冷房暖房を使って適温にしておきましょう。

風俗では客側の協力が必要

風俗では風俗嬢がスタッフで客はもてなされる側ですが、サービスを受けるには客側の協力が必要です。高級レストランでドレスコードがあってTシャツGパンサンダルでは入れないのと似ています。

風俗はそこまでハードルの高いものではありません。人を自宅に招くときは何に気を付けるか女性と近づくときは何に気を付けるか、風俗嬢が相手でもそういった常識的な考え方を持っておきましょうということですね。

本当はエステだからこう、デリヘルだからこうと準備する内容を分けて説明する必要はないかもしれません。あくまでも、女の子を待っている間は何かしておくべきことはないのか?と女の子に対する気遣いをしたい男性のための情報だと思って下さい。

風俗エステのプレイを動画でチェック!