デリヘル嬢が嫌がる派遣先まとめ

デリヘル嬢は派遣先にうるさい

デリヘル嬢は女の子。年齢を重ねても、派遣先にはこだわりを見せる、まるで注文の多い料理店。

さてデリヘル嬢がなぜに派遣先にこだわるのかと言いますと、男性よりも女性は清潔感を気にする点。そして派遣場所によってはプレイ環境が整っていないこと、周囲の視線が気になるなどが挙げられます。

また風俗女性だからこその、自分自身のリスク管理という面でも派遣先にこだわりを持っている女性が少なくありません。

デリヘルならば特に大衆の上以上の高級店、またホテヘル嬢は派遣先について神経質になる傾向が高く、場所によっては派遣NGの場合も。

我々男性陣にとっては、金銭的負担の側面もありますし、なるべく料金を抑えて遊びたい。しかしながらデリヘル嬢側の視点から見てみると、安かろう悪かろう、やっぱりお粗末なプレイスは好まないのがデリヘル嬢の真理なのです。

こんな派遣先はイヤ!デリヘル嬢が嫌がる環境

それではどんな派遣先がNGなのか?ここでは男性の素直な疑問について徹底解説していくので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

ここでは決して喜ばれない、女性のトーンにやる気が下がる派遣先を紹介していきましょうか。

①ボロい格安ホテル

②レンタルルーム

③寮

④シェアハウス

まずホテルなのですがラブホにビジネスホテルでも、時に昭和の場末感満載のホテルなどは絶対避けましょう。昭和建築を耽美的という女性は極々一握り、あくまで相場と同等レベルのホテルは最低限キープしたいところ。

これらの安ホテルはリネン類の清掃が行き届いていなかったり、プレイをするには最適の環境とは決して言えません。女性の中にはプレイ後に背中が痒くなり、水膨れが出来てしまったという嬢もいるくらい。

また同様にレンタルルームもそう。最近はデリヘル嬢の派遣先の一オプションとしてレンタルルームが人気を博していますが、女性からのレビューは星一つ、またはそれ以下。喘ぎ声が筒抜けの薄い壁、共用のトイレにシャワーは流石にNGですね。

自宅派遣の場合についてですが、特に寮やシェアハウスの場合は危ないです。そもそも管理人等がいる場合が多く、まず第三者を呼べないパターンもあります。

上手く潜り込めても、他の入居者と顔を合わせてしまうことも多く、身バレを極力回避したい女性にとっては苦痛そのもの。

少しコスパが悪くなりますが、寮やシェアハウスに住んでいる男性は最低でもラブホのショートを利用するようにしましょう

風俗エステのプレイを動画でチェック!