性病リスクを避けるならエステ・デリヘルどっち?

風俗エステのプレイを動画でチェック!

まず風俗で性病になる原因を知る

風俗を利用する際の不安要素の一つとして「性病」が挙げられます。性病がこの世からなくなったらどんなに良いか、ほとんどの男性はそう思ったことがあると思います。

でも性病はその名の通り、風邪やインフルエンザとは違いくしゃみや咳でうつるものではなく、性的な接触によりうつる「可能性がある」というものです。性病の人とセックスしたからといって必ずうつるものではありませんが、対策と事後の対応を間違えると危険度は増してしまいます。

そもそも性病は、粘膜同士の接触でうつります。カンジダや毛じらみなど一部は性的接触をしなくても体調の変化で発症したり、銭湯・温泉のイスなどでうつる可能性がありますが、その他のほとんどの性病は粘膜からです。

なぜ風俗で性病の話が出るのか、それはプレイの中で粘膜同士の接触があるからです。キス(特にディープキス)、クンニ、フェラ、素股など、気持ちいいプレイは全て性病がうつる可能性があります。

そして風俗は、風俗嬢が不特定多数の相手とプレイをするので、回数的に性病にかかる確率が増えます。客から嬢へ、嬢から客へ、どっちもあり得ます。

性病より濃厚プレイ重視ならデリヘル

性病を怖がってたら風俗なんてできないよ!というのは、風俗の常連さんがよく言う言葉です。

別に性病が怖くないわけではありませんよ。性病に100%かからず、それでいて風俗のプレイは100%楽しみたい、というのは難しいという意味ですね。

デリヘルの基本プレイは、粘膜同士が濃厚に接触します。ディープキス、クンニ、フェラ、素股などを楽しむ風俗だからです。そんなデリヘルでも性病のリスクを減らすことはできます。その方法は「コンドームを付ける」ことです。

けれどコンドームを付ければ一枚隔てた感覚になり感度は下がりますよね。デリヘルの魅力を十分満喫したければ、性病を覚悟で生プレイをするしかありません。

実際デリヘル客のほとんどは、真面目にコンドームなんて付けていません。風俗でかかりやすい性病が、病院にいって飲み薬をもらうか注射を打つかすれば治ってしまうものが多いのも理由だと思います。風俗らしい体験をするなら、デリヘルを選ぶべきでしょう。

性病を避けたプレイをするなら風俗エステ

性病を避けることと濃厚プレイ、どっちも100%の両立は難しいです。風俗エステは濃厚プレイよりも、性病を100%近く避けられる安全な風俗だと思って下さい。

風俗初心者さんだったり、彼女や奥さんがいる男性だったり、絶対性病にかかりたくない・かかれない立場の男性は風俗エステがおすすめです。なぜ風俗エステが限りなく性病ゼロなのかというと、粘膜の接触が無いに等しいからです。

性的接触といえば手コキや指での前立腺マッサージくらいで、デリヘルであったキスやクンニ、フェラ、素股がありません。

ヘルスサービスもOKなハイブリッドエステ、というジャンルではデリヘルと同様のプレイができるので、リスクはデリヘル並みになります。ただ基本の風俗エステでは性病はほぼならないと思っておいて良いでしょう。

中にはオプション等でフェラをしてもらえるエステもありますが、生フェラではなくスキンフェラ(ゴムフェラ)の店も多いです。せっかく性病のリスクが低い風俗エステなのですから、スキンフェラができる店を選ぶのが正解です。